茨城県ひたちなか市 住宅街の小さな園芸店・寄せ植えの教室
by summersnow05
花と雑貨の 小さなお店
サマースノー

営業日/月・火・木・金
    第1土
    9:30~16:00
9:30~16:30(7月末まで)

定休日/土・日・水

Summer Snow
ホームページ

summersnow.la.coocan.jp
アドレスが変わりました。

Google map

過去blog












3ポットから作れる
寄せ植え

(主婦の友社)
詳細は「嬉しいお知らせ♪」へ。

2014年9月10日発売


花・ガーデニング
ブログランキングに
参加しています
 
人気ブログランキングへ
応援して頂けると
嬉しいです♪

f

dlvr.it
カテゴリ
入荷商品・苗
ホームページ
講習会
ハンギング
寄せ植え
My Garden
Shop
お知らせ
STAFF blog
イエローブック
メンテナンスサービス
スタッフワークショップ
おでかけ
お友達
リース
すてきなお店
お家のこと
夏雪展示室
10th.Anniversary
タグ
(61)
(41)
(39)
(31)
(23)
(23)
(21)
(16)
(10)
(6)
リンク
お気に入りブログ
井上まゆ美のお仕事日和
宮崎の花屋 アナーセン
hitohaの樹と花と草と
河野自然園スタッフブログ
風の音
この植物をお買い2
Gardener*s D...
小さな庭 2
検索
ブログジャンル
ライフログ
記事ランキング
画像一覧


2018年 01月 05日 ( 1 )
私が思うこと。
 園芸店と生花店、

 同じくくりで考えてる方も多いと思います。


 実際、生花店で根付きの植物扱ってるお店もあるし

 園芸店で切り花扱ってるお店もある。


 でも私的には
 真逆というか対象的な気がする。

 
 谷 匡子さんのエッセイで

 「花を活けることは命を看取ること。」

 花を育ててくれた人、

 それを運んでくれた人から

 花の命をつなぐリレーの、

 最後のバトンを受け取ること。

 と書いてあった。



 私が常日頃思っていつことと同じ。

 
c0167112_9365673.jpg



 谷さんは
 だからこそ命の最後を輝かせる責任がある。
 と綴っている。



 
 園芸はどうか?

 種をまき、水を与え

 無から美しい花を生み出す。

 
 
c0167112_9423279.jpg


 ほんの少しの手助けで

 植物は自身の力で成長し輝ける。




 ガーデンセンターの片隅で
 しおれかかった

 特価になってる苗を

 立派な花を咲かせるまでにして
 喜ぶのは

 園芸をしている人ならある
 経験だと思う(笑)
 
c0167112_9594151.jpg





 同じ「花」を扱う生花店と園芸店

 でもその花との関係は対照的だ。




 私は切り花を否定している訳ではなく
 むしろ

 これから覚えていきたいと思っている。


 それには
 最後の責任を負えるように

 花にとってふさわしい器を選び

 美しさを際立たせることのできるように
 なりたいと思う。





 えっ?

 将来、生花もやるのかと?

 いえいえサマスノは

 ず~つと園芸店です(笑)
 
c0167112_1023026.jpg



 

 

 



 



 


 

 




c0167112_8515344.png

花・ガーデニング ブログランキングに参加しています


人気ブログランキングへ

1日1クリックして頂けると励みになります。

c0167112_8515344.png


〒312-0063 
茨城県ひたちなか市田彦1210-75

TEL.FAX 029-276-2338

Google map



c0167112_8515344.png

by summersnow05 | 2018-01-05 10:04 | Shop